ランディング

ブランドとは、ユーザーが持っている共通のイメージ(実態のない価値)の事。ブランディングとは、ユーザーに共通のイメージを持たせたり、実態のない価値を与える事。企業・サービスが目指すべき姿(=ブランド)を創るために、PRという手法を使い、ブランディングを行います。ブランドを創るには、時間がかかりますが、そのスピードを早める事ができるのがPRです。
ただし、ブランドが壊れるのは一瞬。ブランドを創るということは、常にブランディングを行わなければなりません。
我々は、様々なPR手法によりブランディングのお手伝いを致します。


 
■RELEASE:プレスリリースをはじめとした情報発信手段を用いて、ターゲットに情報を届けます。
■VIRAL:インフルエンサーを巻き込んだクチコミマーケティングを仕掛けます。
■EVENT:メディア・ターゲットに実際に体験してもらう場を創ります。
■GIMMICK:PRで最も重要な”仕掛け(フック)”を創ります。
■ADVERTISING:より効果的にブランドを創るための広告戦略を立案します。

ードサービスPR

最近、グルメ媒体からの集客が落ち込んでいると感じていませんか?一昔前までは、グルメサイトからお店を探すことは「あたりまえ」の事でした。
しかし、インターネットが普及し、1人1台スマートフォンを持つ時代になった今、情報を得る手段は、TV・雑誌・新聞・インターネット・SNS・ラジオ・友達同士のクチコミなど、多様化しています。わざわざこちらから探さなくても、勝手に情報が入ってくる時代なのです。これからは、消費者行動モデルの変化に対応し、情報発信手段をうまく活用した、コミュニケーション戦略が欠かせません。弊社では販促媒体の調整・見直しから、PRの導入までワンストップでご提案いたします。

フードサービスPR  

報・PR部門の立ち上げ / PRコンサルティング

昨今、企業規模の大小に関わらず広報・PR部門を新たに設置する企業が増えています。
背景には、情報取得手段の多様化に伴い、従来のように良いモノ、良いサービスを提供するだけでは勝ち残れない時代になっている事が挙げられます。これからは、良いモノ、良いサービスを、企業・団体に関わるステークホルダーに向けて、しっかりと発信することが必須となります。PR(Public Relations)とは、企業や団体がステークホルダーと良い関係を構築するための活動を意味します。PRは企業・団体について、世の中に正確に情報を届けるという重要な役割なのです。そんな重要な部門をゼロからしっかりと社内へ落とし込み、外部へ発信する仕組みを作るお手伝いをいたします。また、これらの業務を任せられる、PR専任の人材に関しても、採用から教育までお任せ頂くことも可能です。

広報・PR部門の立ち上げ PRコンサルティング  

報・PR業務委託

社内に広報・PR専任を置くことが出来ない企業を対象に、いざという時に広報・PR業務を全て対応致します。
広報・PR案件は常に発生することではないので、より効率的に社内に広報・PR部門を整える事が可能です。

 

ンバウンド対策強化(外国人客の取り込み)

2020年に向けて盛り上がっているインバウンド市場ですが、戦略的に外国人のお客様を取り込めているお店・スポットは多くありません。インバウンド向けの媒体が多様化し、成功事例がまだ少ない中、弊社は、欧米豪を中心に130万人のユーザーを抱える、アジアを中心とした旅行体験のポータルサイトである「Voyagin(ボヤジン)」と提携し、インバウンド集客の方法、受け入れ体制構築、海外でのプロモーションのご提案することが可能です。